メンズのモテ服を通販で間違いなく手にいれる方法

人気の通販サイトで
いますぐできる
好印象ファッション
好感度UP!メンズの洋服通販サイトBEST5 » ブランド服と比べても見劣りしない安いメンズ通販服特集

ブランド服と比べても見劣りしない安いメンズ通販服

同じデザインでも素材で価格が異なる

どのお店やブランドをみても、人気の定番デザインは必ずといっていいほど用意されています。ただ、似たようなデザインなのに価格はバラバラ。その理由は、一重に素材が違うからです。素材の違いが、同じデザインであっても値段を大きく変えてしまっているのです。大体、3~5分の1くらいの差がでるのですから、それだけ素材の違いが占める割合は大きいといえます。

素材の違いがコスパも大きく変えてしまっているのですが、具体的にはどれほどの差があるのでしょうか?高い素材と安い素材…その両者の特徴をまとめてみました。高い素材のほうがいいように思えますが、実はそれほどこだわる必要がないことがわかります。

安い素材でも十分な場合もあるのですから、値段に惑わされないようにしたいですね。

ダウンジャケットの高い「ダウン」と安い「中綿」の違い

冬のマストアイテム、ダウンジャケット。防寒着として1着持っていると重宝します。

このダウンジャケットに使われているダウンは、水鳥の胸元にある羽毛。ボール状で柔らかく、少量しか採れません。この他にも、ダウンに似た形状で、硬い芯を持つフェザーがあります。羽毛は、繊維の間に空気を含み、高い保温性や吸湿性、放湿性があるため、ジャケットはもちろん布団にも使われています。防寒目的には最適な素材なのです。ちなみに、ダウンのほうがフェザーよりも重いので、フェザーを混ぜて軽くすることもあります。ダウンジャケットでも、フェザーが混ざっているのには、そうした意味もあるのです。

ただ、水鳥1羽から採れる量は少ないので、ダウンジャケットの価格もとても高くなってしまいます。そのため、コスパを意識して中綿が使われることもあります。中綿にはコットンやポリエステル綿などがあり、品質表示などにはダウンやコットン、ポリエステル綿などの割合が表示されています。

保温性だけでみれば、やはりダウン素材が一番です。ですが、東北などのよほど寒い地域や雪が降っている時以外では中綿でも十分。電車やバス、地下街など…交通機関も施設も発達しているので、逆にダウンでは暑くて仕方がないなんてことにもなりがち。雪や雨に当たることも少ないのであれば、なおさらです。

中綿のジャケットは、ファッション性も高くおしゃれなデザインのものが多く揃っています。特に寒い地域や山に登るのでなければダウンにこだわらなくてもOK。体温調整面そしてコスパ面からみても、中綿でも十分なのです。

レザージャケットの高い「本革」と安い「合成革」「PUレザー」の違い

高級素材として知られている本革。メンテナンス次第で一生使うこともでき、ヨーロッパでは親から子供へと伝えるほど価値あるものとなっています。ただ、そのお値段はお高め。安いものでは1万円を超え、高いものでは数十万といった高額商品です。

そんな、なかなか手が出しにくい本革に対して、気軽に購入できるものとして使われているのが合成革です。フェイクレザーとも呼ばれており、最近よく見かけるPUレザーなどもこれの仲間。1万円しない金額で購入できると、手軽な素材です。

本革と合成革…どちらがいいのかは、一概にいうことはできません。本革にはラムや豚、ヤギ、牛など、さまざまな動物革があり、通気性が高くキズに強く、経年劣化が楽しめるといったメリットがありますが、雨や湿気に弱くカビが発生しやすく、独特なニオイがあるといったデメリットがあります。重さもあるので、身につけて歩くにはちょっと辛いこともあり、デザイン的に飽きてしまうと、せっかくの本革製品でも箪笥の肥やしになってしまいます。

逆にポリウレタンから人工的に作られる合成革は、通気性がなく本革にはないテカリが気になるといったデメリットがあります。が、軽くて雨や汚れに強いので、デザイン性の高いファッションが楽しめるといったメリットがあります。動きやすさも本革以上で、その価格からもトレンドの移り変わりに合わせて気軽に買い替えることもできます。

最近の合成革も質が良いのがでてきており、長いものでは5年は持つといわれています。移り変わりの激しいファッショントレンドを考えると、必ずしもほぼ永久に使える本革でなくても大丈夫といえます。雨やカビなどを心配しないで遠慮なく使いたい…というのであれば、合成革でも十分です。逆に、一生使える飽きのこない定番アイテムではあれば本革でもいいですね。

セーターに使われる、高い「ウール」と安い「アクリル」の違い

秋冬アイテムに欠かせない、セーターやニット製品。ウール製は高く、アクリル製は安いといった差がありますが、価格だけで一概にウール製のほうがいいとはいえません。

ウールとは羊毛のこと。天然素材として肌に優しく、ウールで作った衣類は冬は暖かく夏は涼しいと快適に過ごせます。湿気を吸収し、シワができにくく型崩れもしにくい、抗菌・消臭効果があり、水をはじいて汚れにくいといったメリットがあります。頻繁に洗濯しないで済むので、忙しい人には助かる素材です。ただ、虫に食われやすく、扱い方を間違えると縮んでしまうといったデメリットがあります。手入れや管理に気をつけなくてはいけないという面では、ちょっと面倒に感じることも多いのです。

ではアクリルはどうかというと、ウールに比べて安価で虫食いやカビなどの影響もなし。吸水性が低いので乾きやすく、色鮮やかな染色加工が可能と高いファッション性を持っています。ですから、おしゃれなデザインものには引っ張りだこ。ただ、吸水性がないということは汗を吸わないので、汗ばむと着心地も悪くなります。しかも、毛玉や静電気が起こりやすいといった嫌な面も。

長く大切に着たいのであればウール製品がおすすめですが、ガンガン着用したいというのであればアクリル製のものでも十分です。保管や手入れも気にせず、流行りにあったファッション性の高いアイテムを気軽に手にすることができます。しかも、最近のアクリルは質が向上してきており、肌触りも抜群に。ウールとの見分けもつかないほどの見かけと暖かさを持つようになってきていますので、コスパの面でもウールに負けないぐらいになってきています。

商品センスとコスパで選ぶメンズ服の通販サイトランキング 好感度アップできる「普通の服」とは?商品センスとコスパで選ぶメンズ服の通販サイトランキング 好感度アップできる「普通の服」とは?
商品センスとコスパで選ぶメンズ服の通販サイトランキング 好感度アップできる「普通の服」とは?

サイトマップ